danmaq


タグ: 11/23


第一部


「ただいまーっと、あれミクなにやってんの?」
ある日のこと、マスターが仕事から戻るとミクが鏡を見て硬直していた。
「おーい何やってるん……だ………っ……!?」
マスターがミクの顔を覗き込むと、ミクの瞳は深く吸い込まれるような紅色に染まっていた。

──初音ミクの寿命は意外にも稼働開始からたったの5年しかない。人間とて5年のうちに色々な要因で故障するのに、人間型機械が5年以上も無故障でいられる筈がなく、現代技術の限界であると言うのが建前上の理由だが、本当の理由は
「命を大切にして欲しい、と言う制作陣の気持ちから生まれた意地悪」だったりする。

彼女はプログラムされた『死』を迎えると、エメラルドグリーンの澄んだ目が濁った黒色に焼き付けられる。通常の故障時に彼女を製造元に送ると当然のように修理を受けて帰って来るが、こうなった時はそのまま彼女の体が二度と帰ってこない代わりに、5年間の思い出が光ディスクに詰め込まれて送られて来る。また、『死因』によって他の色……例えば、人間で言う致死レベルの衝撃・破壊を受けた場合は黄色、など他の色が焼き付けられることもある──

「……嘘だ」
彼女の瞳の色が変わったとき、それは彼女の死を意味することをマスターは知っていたが、それはネットで仕入れた予備知識に過ぎなかった上、まだミクと付き合い始めて2年なので、まさかそれが自分のミクで起きるなんて想定すらしていなかったせいか、ひどく動転してしまっていた。
これは夢か何かに決まってる。
自分の頬を思い切り殴る。
痛い。
台所へ行きミルクを一杯飲み干してまた戻る。
……夢なんかじゃない、現実なんだ。
状況が飲み込めた瞬間、彼は立ち尽くすミクの前にへたり込んで俯いてしまった。理解は出来た、でも納得が行くわけがない。

──初音ミクは人間型機械でありながらほぼ完璧な精度で人の心を再現するAIを持っている。それ故、彼女は状況によって自分または他人を妬み、恨み、そして殺意と汚い感情まで覚えることもある。万が一それらの感情が暴発してアクションを起こし始めた時、そしてそれがロボット工学三原則の一つ、『人間に危害を加えてはならない』に著しく反する、即ち人を殺めようとした時、彼女の中の安全回路が働き、瞬時に中枢回路を焼き尽くして『自殺』する。その時、目に焼きこまれる色が、深く吸い込まれるような紅色である──

「ミク……なんで、なんでなんだよちきしょう!」
「……あれ?マスターなにやってんのー?」
「……は?」
「ほぇ?」
「だ、だって、ミク、その…その目……」
「あ、そうそうカラコンつけてみたのー!かわいいでしょー♪」
「……は、はは、あはははは……んなわきゃねー!!(ガシャーンガシャーン」
「きゃー><マスター怒ったー!!」
「こらまちやがれー!てめぇお尻ペンペンの刑にしたるわー!」
ドタン!バタン!
「やだもんー私がマスターにお尻でペンペンしちゃうんだもんー><」
ドタン!バタン!
「させるかヴォケー!!」

▷再生終了 – 11/23の思い出.avi



第二部


今日はミクと一緒に遊園地に来た。本当は行くつもりなんてさらさらなかったんだが、ミクがだだこねたので、ね。
「マスター、遊園地いこー?」
「はぁ?」
「だってマスターずっと引きこもりだからたまには外出ないとだめー!><」

と、まぁそんな感じだ。唐突過ぎるだろ常考。ミクと一緒に園内を歩いて、まず最初に選んだのがジェットコースター。最初からミク飛ばしてるな……流石ボーカロイドというか何というか。
「あの、あの、私ミクだからキャーキャー言ったら隣の人の耳壊れちゃうかもしれないから、私の隣空けてもらえますか?><」
なんちゅう無茶苦茶な弁解だよ……ほら案内の姉ちゃん怪訝そうな顔してるし。でもなんだかんだ言ってミクの横を空けてくれたので、俺がそこに滑り込む。確かにミクのキャーキャーは人一倍目立つが、別に耳が壊れるほどじゃない。ってか案内の姉ちゃんなんで俺に気付かない?どーせ俺なんて空気ですよーだ。

次にたどり着いたのはお化け屋敷。ミクも普通の女の子らしくキャーキャー逃げ回ってる。
「あそこ、ホンモノいたよー」
「マジで?」
「うんー、ああいう怖いところは本物も面白がって集まるんだよー」

──初音ミクは人間型機械でありながらほぼ完璧な精度で人の心を再現するAI、そして人とほぼ同じ五感を持っている。その人間との高い互換性ゆえに、状況によっては霊感すら備えてしまうことがある。そう、彼女のように──

「ただいまー><」
「ふぃー、疲れたぜ……」
さっきまで人の気配のなかったボロアパートに2人の声と明かりが灯る。本当はお化け屋敷とジェットコースター以外にも色々とアトラクションやったが、ここに書くには長すぎるので割愛。帰りの電車は混んでたので立ち乗りだった。園内を散々歩き回ったから足が棒のようだが、まぁ交通費が一人分で済んだからこのくらいは我慢、と。ちなみにこのアパート、お化けが出るって噂でみんな退去しちゃって、今入ってるの俺達だけなんだが、ミクはお化けいないよー?って言うから俺はミクを信じてここに居留まっている。引っ越す懐余裕もないし。

「今日はインスタントだけどごめんねー?」
ミクはレンジから出したサトウのごはんを手際よくお椀に盛っていく。死んだじいちゃんのいる仏壇にも供えられたのを見計い、俺もそれに食らいつく。
「もー!マスターお行儀悪いのー><」
「うるせー。お前来たばっかの時はお前の方が行儀ひどかったじゃないか。大体遊園地行ったりとかやけに大盤振る舞いじゃないか、家の金だって無限じゃないんだぜ?」
「だいじょぶだよー、ちゃんと数えてるし、もしもの時は私だってアルバイトするよー?」
確かにミクはその辺しっかりしてる。見かけ上だけ、ね。10万と100万を数え間違えたりとかザラだし。

「……しかし、ミクの寿命もあと1年か」
「突然なに言うのー?」
「確か……ミクはいくら人間そっくりでもボーカロイドだから死んでも幽霊にならないんだよな?」
「その代わり私が死んだら思い出が光ディスクに残るんだよー?それにあと1年じゃなくて、あと1年『も』あるんだよー、1年あれば思い出いっぱい作れるよー?」
「ははは、ミクらしい考えだな。しかし、俺もこの体じゃその思い出を見ることすら叶わんぜ」
「だいじょぶだよー、寿命まで1年あるんだし、そのうち方法思い付くんだもんー><」
「……そうだといいな」
ミクはそう言うと仏壇の前に座り、線香を立てた。そこにはじいちゃんと俺の遺影が満面の笑みでミクを見守っていた。